本文へスキップ

いいこって広場  

自動運転装置説明のページです。

◎ フィーダー線配線済みレールを 敷設済み
  です。
◎ ワンタッチ接続出来る2列車交互自動運転
  装置が付属しています。
◎ こちらをクリックすると自動運転動画が見られます。


 
装置名称 2列車交互往復・リバース自動運転装置
装置型式 MBS8250
【外観前景】 【外観背景】
           
【ケースサイズ】    幅100 × 奥行 160× 高さ 38(mm)

【操作】
  ●『タッチスイッチ ON/OFF』スイッチを下に倒して『タッチスイッチ OFF』に設定しておきます。

●『速度調整』つまみを左の写真のように時計でいえば10時の位置に仮調整しておきます。(電車が走り出してから『速度調整』つまみを操作して速度調整をします。)

●『電源スイッチ』を上側に倒して電源を入れると『電源ランプ』が点灯して電車が走り始めます。2編成の電車が交互に往復走行を続けます。電車が走行中は『走行表示ランプ』が点灯、電車が停車中は『走行表示ランプ』が消灯します。

●電車の脱線などでレールに過電流が流れると”電子ブレーカ”が働きレールへの給電を装置が自動的に遮断し、『ブレーカ作動表示ランプ』が点灯します。脱線などを修復して原因を取り除いてから『電源スイッチ』を操作してOFF→ONすると正常に運転出来ます。

●タッチスイッチ・走行準備・接続は『配線仕様』をご覧下さい。

●『タッチスイッチ』のご使用方法

@『タッチスイッチ ON/OFF』スイッチを上に倒して『タッチスイッチ ON』に設定しておきます。
A『電源スイッチ』を上側に倒して電源を入れると『電源ランプ』が点灯して電車が走り始めます。2編成の電車が交互に往復走行を1回行うと電車は停車状態になります。
B『タッチスイッチ』を1回操作すると、2編成の電車が交互に往復走行を1回行うと電車は再度停車状態になります。       
 
    






































































profile

株式会社技研 HOBBY倶楽部

〒945-0032
新潟県柏崎市田塚 3-11-55
TEL.0257-22-8439
FAX.0257-21-0375

e-mail : nakamura-kazuo@k4.dion.ne.jp